2012  6月

皆様、こんにちは!エコタンです☆

今日は社員食堂や学校給食、県庁食堂や市役所食堂を運営されている、セントラルフーズ様にお邪魔し、秋山裕一社長にお話を聞いてきました!

セントラルフーズさんは、前身の寿司店を経て2002年に株式会社として設立。
当初は事業用弁当、会議・行事用弁当を主力商品として事業展開をされてきましたが、現在、7カ所の小中学校、2か所の給食センター、2か所の幼稚園、そして9つの官公庁食堂、企業様の食堂を運営されています。
現在は冷凍惣菜といった新商品も開発され、「食の力」を通して笑顔と健康を僕たちに提供している会社です。


僕たちインテックスとは、セントラルフーズさんから出た食品の残りの回収や古くなった厨房機器を回収し特に衛生管理面で貢献しています。
僕たちが回収した廃棄物は、適正に処理し、リサイクルに回して新しい価値として蘇ります。そんな僕たちの取り組みに好感を持っていただいて以来、よいおつきあいをさせていただき、感謝しています!

多くの企業様は、エコを行うことでコスト高になるのではという固定観念があり、中小企業にはなかなか普及しづらい背景もあるようです。
秋山社長は、コストを意識しながらも、できるところから少しずつ取り組んでいこうとされている企業姿勢に、取材を通じてとても共感しました!

セントラルフーズ様で取り組まれているエコは、ゴミを減らすために野菜などの皮は予め剥いてあるものを仕入れたり、無洗米を使用したりすることで、無駄・無理・ムラをなくすように取り組まれていました。


また、お弁当箱や食器を使い捨てではなく、お客様の会社から回収し、工場内で洗浄してリユースされています。
日々の業務においては、エコドライブを心がけるなど、社員さん一人ひとりができるところから取組み、工場内の排水は浄化槽できれいにするなど
法令順守も徹底されていました。

徹底した衛生管理、そして意識的なエコへの取り組みが印象的なセントラルフーズさんですが、6月28日からザグザグ福富店さんで冷凍惣菜の販売開始されます!野菜たっぷりで低カロリーなので、健康に気を付けておられるお客様にはピッタリ☆☆ぜひ、足を運んでみてくださいね!

セントラルフーズさんのホームページはこちら
http://www.centralfoods.jp/

ページトップへ